メインコンテンツに移動します。
$\exponential{x}{2} - 4 x - 12 $
因数
Tick mark Image
計算
Tick mark Image
グラフ

Web 検索からの類似の問題

共有

a+b=-4 ab=1\left(-12\right)=-12
グループ化で式を因数分解します。まず、式を x^{2}+ax+bx-12 として書き換える必要があります。 a と b を検索するには、解決するシステムをセットアップします。
1,-12 2,-6 3,-4
ab は負の値なので、a と b の符号は逆になります。 a+b は負の値なので、負の数の方が正の数よりも絶対値が大きいです。 積が -12 になる整数の組み合わせをすべて一覧表示します。
1-12=-11 2-6=-4 3-4=-1
各組み合わせの和を計算します。
a=-6 b=2
解は和が -4 になる組み合わせです。
\left(x^{2}-6x\right)+\left(2x-12\right)
x^{2}-4x-12 を \left(x^{2}-6x\right)+\left(2x-12\right) に書き換えます。
x\left(x-6\right)+2\left(x-6\right)
1 番目のグループの x と 2 番目のグループの 2 をくくり出します。
\left(x-6\right)\left(x+2\right)
分配特性を使用して一般項 x-6 を除外します。
x^{2}-4x-12=0
二次多項式は変換 ax^{2}+bx+c=a\left(x-x_{1}\right)\left(x-x_{2}\right) を使用して因数分解できます。x_{1} と x_{2} は二次方程式 ax^{2}+bx+c=0 の解です。
x=\frac{-\left(-4\right)±\sqrt{\left(-4\right)^{2}-4\left(-12\right)}}{2}
ax^{2}+bx+c=0 の形式のすべての方程式の解は、二次方程式の解の公式 \frac{-b±\sqrt{b^{2}-4ac}}{2a} を使用して求めることができます。二次方程式の解の公式では、2 つの解 (± が加算の場合と減算の場合) が得られます。
x=\frac{-\left(-4\right)±\sqrt{16-4\left(-12\right)}}{2}
-4 を 2 乗します。
x=\frac{-\left(-4\right)±\sqrt{16+48}}{2}
-4 と -12 を乗算します。
x=\frac{-\left(-4\right)±\sqrt{64}}{2}
16 を 48 に加算します。
x=\frac{-\left(-4\right)±8}{2}
64 の平方根をとります。
x=\frac{4±8}{2}
-4 の反数は 4 です。
x=\frac{12}{2}
± が正の時の方程式 x=\frac{4±8}{2} の解を求めます。 4 を 8 に加算します。
x=6
12 を 2 で除算します。
x=\frac{-4}{2}
± が負の時の方程式 x=\frac{4±8}{2} の解を求めます。 4 から 8 を減算します。
x=-2
-4 を 2 で除算します。
x^{2}-4x-12=\left(x-6\right)\left(x-\left(-2\right)\right)
ax^{2}+bx+c=a\left(x-x_{1}\right)\left(x-x_{2}\right) を使用して元の式を因数分解します。x_{1} に 6 を x_{2} に -2 を代入します。
x^{2}-4x-12=\left(x-6\right)\left(x+2\right)
すべての p-\left(-q\right) の形式の式を p+q の形式に簡単にします。