メインコンテンツに移動します。
$\fraction{4}{x - 2} - \fraction{5}{x + 1} $
計算
Tick mark Image
x で微分する
Tick mark Image
グラフ

Web 検索からの類似の問題

共有

\frac{4\left(x+1\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)}-\frac{5\left(x-2\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)}
式の加算または減算を行うには、式を展開して分母を同じにします。 x-2 と x+1 の最小公倍数は \left(x-2\right)\left(x+1\right) です。 \frac{4}{x-2} と \frac{x+1}{x+1} を乗算します。 \frac{5}{x+1} と \frac{x-2}{x-2} を乗算します。
\frac{4\left(x+1\right)-5\left(x-2\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)}
\frac{4\left(x+1\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)} と \frac{5\left(x-2\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)} は分母が同じなので、分子を引いて減算します。
\frac{4x+4-5x+10}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)}
4\left(x+1\right)-5\left(x-2\right) で乗算を行います。
\frac{-x+14}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)}
4x+4-5x+10 の同類項をまとめます。
\frac{-x+14}{x^{2}-x-2}
\left(x-2\right)\left(x+1\right) を展開します。
\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(\frac{4\left(x+1\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)}-\frac{5\left(x-2\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)})
式の加算または減算を行うには、式を展開して分母を同じにします。 x-2 と x+1 の最小公倍数は \left(x-2\right)\left(x+1\right) です。 \frac{4}{x-2} と \frac{x+1}{x+1} を乗算します。 \frac{5}{x+1} と \frac{x-2}{x-2} を乗算します。
\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(\frac{4\left(x+1\right)-5\left(x-2\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)})
\frac{4\left(x+1\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)} と \frac{5\left(x-2\right)}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)} は分母が同じなので、分子を引いて減算します。
\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(\frac{4x+4-5x+10}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)})
4\left(x+1\right)-5\left(x-2\right) で乗算を行います。
\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(\frac{-x+14}{\left(x-2\right)\left(x+1\right)})
4x+4-5x+10 の同類項をまとめます。
\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(\frac{-x+14}{x^{2}+x-2x-2})
x-2 の各項と x+1 の各項を乗算することで、分配法則を適用します。
\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(\frac{-x+14}{x^{2}-x-2})
x と -2x をまとめて -x を求めます。
\frac{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(-x^{1}+14)-\left(-x^{1}+14\right)\frac{\mathrm{d}}{\mathrm{d}x}(x^{2}-x^{1}-2)}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
2 つの微分可能な関数について、2 つの関数の商の微分係数は分母に分子の微分係数を掛けたものから、分子に分母の微分係数を掛けたものを、すべて分母の平方で割ったものになります。
\frac{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)\left(-1\right)x^{1-1}-\left(-x^{1}+14\right)\left(2x^{2-1}-x^{1-1}\right)}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
多項式の微分係数は、その項の微分係数の和です。定数項の微分係数は 0 です。ax^{n} の微分係数は nax^{n-1} です。
\frac{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)\left(-1\right)x^{0}-\left(-x^{1}+14\right)\left(2x^{1}-x^{0}\right)}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
簡約化します。
\frac{x^{2}\left(-1\right)x^{0}-x^{1}\left(-1\right)x^{0}-2\left(-1\right)x^{0}-\left(-x^{1}+14\right)\left(2x^{1}-x^{0}\right)}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
x^{2}-x^{1}-2 と -x^{0} を乗算します。
\frac{x^{2}\left(-1\right)x^{0}-x^{1}\left(-1\right)x^{0}-2\left(-1\right)x^{0}-\left(-x^{1}\times 2x^{1}-x^{1}\left(-1\right)x^{0}+14\times 2x^{1}+14\left(-1\right)x^{0}\right)}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
-x^{1}+14 と 2x^{1}-x^{0} を乗算します。
\frac{-x^{2}-\left(-x^{1}\right)-2\left(-1\right)x^{0}-\left(-2x^{1+1}-\left(-x^{1}\right)+14\times 2x^{1}+14\left(-1\right)x^{0}\right)}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
同じ底を累乗するには、その指数を加算します。
\frac{-x^{2}+x^{1}+2x^{0}-\left(-2x^{2}+x^{1}+28x^{1}-14x^{0}\right)}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
簡約化します。
\frac{x^{2}-28x^{1}+16x^{0}}{\left(x^{2}-x^{1}-2\right)^{2}}
同類項をまとめます。
\frac{x^{2}-28x+16x^{0}}{\left(x^{2}-x-2\right)^{2}}
任意の項 t の場合は、t^{1}=t です。
\frac{x^{2}-28x+16\times 1}{\left(x^{2}-x-2\right)^{2}}
0 を除く任意の項 t の場合は、t^{0}=1 です。
\frac{x^{2}-28x+16}{\left(x^{2}-x-2\right)^{2}}
任意の項 t の場合は、t\times 1=t と 1t=t です。