メインコンテンツに移動します。
$\left\{ \begin{array} { l } { 8 x + 2 y = 46 } \\ { 7 x + 3 y = 47 } \end{array} \right. $
x,y を解く
Tick mark Image
グラフ

Web 検索からの類似の問題

共有

8x+2y=46,7x+3y=47
2 つの方程式を代入を使用して解くには、まず、変数の 1 つを 1 つの方程式で解きます。そして、もう 1 つの方程式の変数にその結果を代入します。
8x+2y=46
方程式のいずれかを選択し、等号の左辺が 1 つの x だけになるようにして、x について解きます。
8x=-2y+46
方程式の両辺から 2y を減算します。
x=\frac{1}{8}\left(-2y+46\right)
両辺を 8 で除算します。
x=-\frac{1}{4}y+\frac{23}{4}
\frac{1}{8} と -2y+46 を乗算します。
7\left(-\frac{1}{4}y+\frac{23}{4}\right)+3y=47
他の方程式、7x+3y=47 の x に \frac{-y+23}{4} を代入します。
-\frac{7}{4}y+\frac{161}{4}+3y=47
7 と \frac{-y+23}{4} を乗算します。
\frac{5}{4}y+\frac{161}{4}=47
-\frac{7y}{4} を 3y に加算します。
\frac{5}{4}y=\frac{27}{4}
方程式の両辺から \frac{161}{4} を減算します。
y=\frac{27}{5}
方程式の両辺を \frac{5}{4} で除算します。これは、両辺に分数の逆数を掛けることと同じです。
x=-\frac{1}{4}\times \left(\frac{27}{5}\right)+\frac{23}{4}
x=-\frac{1}{4}y+\frac{23}{4} の y に \frac{27}{5} を代入します。その結果、方程式には 1 つの変数のみ含まれるため、x を直接解くことができます。
x=-\frac{27}{20}+\frac{23}{4}
分子と分子、分母と分母を乗算することで、-\frac{1}{4} と \frac{27}{5} を乗算します。次に、可能であれば分数を約分します。
x=\frac{22}{5}
公分母を求めて分子を加算すると、\frac{23}{4} を -\frac{27}{20} に加算します。次に、可能であれば分数を約分します。
x=\frac{22}{5},y=\frac{27}{5}
連立方程式は解決しました。
8x+2y=46,7x+3y=47
方程式を標準形にしてから、行列を使って一次方程式を解きます。
\left(\begin{matrix}8&2\\7&3\end{matrix}\right)\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=\left(\begin{matrix}46\\47\end{matrix}\right)
行列形式で方程式を記述します。
inverse(\left(\begin{matrix}8&2\\7&3\end{matrix}\right))\left(\begin{matrix}8&2\\7&3\end{matrix}\right)\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=inverse(\left(\begin{matrix}8&2\\7&3\end{matrix}\right))\left(\begin{matrix}46\\47\end{matrix}\right)
方程式を \left(\begin{matrix}8&2\\7&3\end{matrix}\right) の逆行列で左乗算します。
\left(\begin{matrix}1&0\\0&1\end{matrix}\right)\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=inverse(\left(\begin{matrix}8&2\\7&3\end{matrix}\right))\left(\begin{matrix}46\\47\end{matrix}\right)
行列とその逆行列の積は単位行列です。
\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=inverse(\left(\begin{matrix}8&2\\7&3\end{matrix}\right))\left(\begin{matrix}46\\47\end{matrix}\right)
等号の左辺の行列を乗算します。
\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=\left(\begin{matrix}\frac{3}{8\times 3-2\times 7}&-\frac{2}{8\times 3-2\times 7}\\-\frac{7}{8\times 3-2\times 7}&\frac{8}{8\times 3-2\times 7}\end{matrix}\right)\left(\begin{matrix}46\\47\end{matrix}\right)
2\times 2 の行列 \left(\begin{matrix}a&b\\c&d\end{matrix}\right) では、逆行列は \left(\begin{matrix}\frac{d}{ad-bc}&\frac{-b}{ad-bc}\\\frac{-c}{ad-bc}&\frac{a}{ad-bc}\end{matrix}\right) です。そのため、行列方程式は行列乗算問題として書き換えることができます。
\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=\left(\begin{matrix}\frac{3}{10}&-\frac{1}{5}\\-\frac{7}{10}&\frac{4}{5}\end{matrix}\right)\left(\begin{matrix}46\\47\end{matrix}\right)
算術演算を実行します。
\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=\left(\begin{matrix}\frac{3}{10}\times 46-\frac{1}{5}\times 47\\-\frac{7}{10}\times 46+\frac{4}{5}\times 47\end{matrix}\right)
行列を乗算します。
\left(\begin{matrix}x\\y\end{matrix}\right)=\left(\begin{matrix}\frac{22}{5}\\\frac{27}{5}\end{matrix}\right)
算術演算を実行します。
x=\frac{22}{5},y=\frac{27}{5}
行列の要素 x と y を求めます。
8x+2y=46,7x+3y=47
消去法で解くには、1 つの方程式がもう 1 つの方程式から減算されるときに変数が消えるように、いずれかの変数の係数が両方の方程式で同じである必要があります。
7\times 8x+7\times 2y=7\times 46,8\times 7x+8\times 3y=8\times 47
8x と 7x を等しくするには、一次方程式の各辺のすべての項を 7 で乗算し、二次方程式の各辺のすべての項を 8 で乗算します。
56x+14y=322,56x+24y=376
簡約化します。
56x-56x+14y-24y=322-376
56x+14y=322 から 56x+24y=376 を減算するには、等号の両辺の同類項を減算します。
14y-24y=322-376
56x を -56x に加算します。 項 56x と -56x は約分され、解くことができる唯一の変数を持つ方程式が残ります。
-10y=322-376
14y を -24y に加算します。
-10y=-54
322 を -376 に加算します。
y=\frac{27}{5}
両辺を -10 で除算します。
7x+3\times \left(\frac{27}{5}\right)=47
7x+3y=47 の y に \frac{27}{5} を代入します。その結果、方程式には 1 つの変数のみ含まれるため、x を直接解くことができます。
7x+\frac{81}{5}=47
3 と \frac{27}{5} を乗算します。
7x=\frac{154}{5}
方程式の両辺から \frac{81}{5} を減算します。
x=\frac{22}{5}
両辺を 7 で除算します。
x=\frac{22}{5},y=\frac{27}{5}
連立方程式は解決しました。